気功と子供?

お問い合わせはこちら

ブログ「あさひエトセトラ」

気功と子供?

2019/12/17

うそのような本当のおはなしです。

昨日いらした30代後半の女性のお客様のことです。この方が初めていらっしゃたのが今年の2月でした。開口一番、「子供がなかなかできないので、子供ができるように気功整体をやっていただきたいのです。知り合いの幾人かが先生のところで気功整体をしてもらったら、すぐそのとおりに子供が出来たので、私もお願いします」とのこと。実際、一宮駅前の最初の整体院のとき、何人かの女性の方がその目的でいらっしゃり、後日子供を抱いて見せに来てくれたことがありました。なので、それ以上の話は聞かずに、約束はできませんが一生懸命やってみましょうと始まりました。

 

当然、この方も不妊治療はうけていました。毎月1回来てもらって、5月になりましたがまだ自然な形での妊娠はできないでいました。それで人工授精に願いをかけるので、卵子がたくさんできるように「気」を入れてくださいといわれます。その後はそのことを念頭に気功整体を行いました。6月に卵子1個が採れ、7月にも1個採れて2個の卵子の冷凍が何とかできました。そこで安全のためもっとためてからの方がいいのでしょうか?と相談を受けました。病院の先生は、卵子はすこしでも新しいほうがいいのですがといわれ、決断を迫られています。採卵するということは相当に大変なことなので、祈るような気持ちで返答しました。「すべてに時があり、来月とにかくやってみてはいかがですか?万が一ダメな時は、頑張ってまたトライしたらいいでしょう」。

 

8月9月10月11月と、その方から音信不通でした。うまくいったのか、それともダメだったのかと、いつも心の片隅で思っていたとき、何気なく1冊の本を読んでいたら、「不妊治療をいろいろやってもダメで、もうあきらめたと気持ちを楽にした途端、自然と子供ができたという話は多いですね」の文章が目に飛び込んできました。それで、自然に妊娠したか、または人工授精で着床までうまくいったかのどちらかだと確信しました。12月に入り予約の電話がきて、なかなか1回ではうまくいかないなか、初めての人工授精が成功して妊娠している喜びの声が聞けました。予約当日、予約時間の1時間前に、つわりがひどくて今日はとても行けませんとの電話が来ました。すかさず私は、15分間「気」を送るので横になっててくださいと伝え一心に遠隔治療を始めました。15分すると電話があり、とても楽になったといわれます。その日は来なくて、昨日いらっしゃいました。妊娠の体なので、仰向けになった姿勢のまま外気を送り続けた後、心に引っかかっていたことを尋ねてみました。

 

「最初にいらっしゃた時におはなしされたお知り合いの方のこと、私は覚えていないので教えていただけますか?」

一人の方は、施術の時に双子が欲しいといわれ、それならば卵子を2つ入れておきますからと私が言ったらしいのです。多分、双子をイメージして「気」を入れたのでしょう。その後すぐに妊娠して双子を産んだということでした。

もう一人の方は妹さんのことで、男の子二人に恵まれたのですが、どうしてももう一人女の子が欲しいと私のところに来たそうです。「女の子をお腹に入れておきますよ」と私が言ったといわれ、その後しばらくして女の子が授かったということでした。

 

気功は万能はないし、ましてや宗教でもありませんが、たまにこうした出来事も起こることがあります。まったくの偶然ということもいえます。思うに、上の2例は、二人の方の思いが半端ではなったから願いが叶ったのでしょう。私はある意味、暗示を与えただけかも知れません。でも、こうしたことが実際にあったことを書かせていただきました。

 

体の不調なら、愛知県一宮市の「愛気功整体あさひ」にせひご相談ください。真心で対応させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。